daemonfreaks.com

卒園式

posted by jun-g at Fri, 31 May 2019 01:50 JST

先日、長女が現在通っているプレスクールを無事に卒園しました。

3歳半頃にジャカルタに来て、まったく英語もインドネシア語もわからない中、日本語を話せる先生が一人もいないプレスクールに入れられて大変だったと思いますが、英語もすっかり僕よりも流暢に話せるようになって、逞しく育ってくれたなと嬉しく思います。

来月からは一旦日系の幼稚園に編入して、来年4月からは日本人学校に入学する予定。まだジャカルタに居れば。

抱っこでねんね

posted by jun-g at Sat, 18 May 2019 01:06 JST

普段、長女と長男の相手で手一杯なのでまだ赤ちゃんの次女の面倒はもっぱら妻に任せっぱなしなので、たまに僕が抱っこしても泣くことが多く、最近になってようやく少し慣れた感じになってきていました。

今日、体調不良で仕事を休んでいたので、次女が泣いた時に積極的に抱っこしてゆらゆらトントンしてあやしたところ、ついに僕の抱っこでねんねしてくれました!

何かようやくパパとして認めてもらえたみたいで嬉しかった。

以上です。

連休にホテルステイ

posted by jun-g at Wed, 24 Apr 2019 02:25 JST

今年はレバラン以降12月までの半年間、平日の祝日が一切ないというなかなかひどいスケジュールなので、聖金曜日含めた先週末の3連休に旅行に行こうかと思ったのですが既にめぼしい日程の航空券が売り切れていたので、以前より気になっていたシャングリラホテルを予約して宿泊してきました。

一番小さいスイートを予約していたところ、部屋が空いていたからなのか0歳児含む子供3人連れだからなのか、2ランク上のスイートに無料アップグレードしてくれて、広々とした部屋に宿泊できました。ラッキー。

一番の目的だった子供向けウォーターパーク?は、水が冷たい上に大人は遊具に入ったらダメと叱られてしまったので早々に断念して普通のプールで子供と遊びました。屋外ですがおそらく温水で快適でした。

チェックアウト日の日曜日はキッズクラブが行われていて、うちの子も手にペインティングしてもらったり馬に乗せてもらったりして楽しそうでした。

近場のホテルだと移動の疲労もなく、かつインドネシアの場合5つ星ホテルでも子供向けのイベントなども色々あって、ちょっとした連休を楽しむにはいいなと思いました。

家族集合

posted by jun-g at Sat, 09 Mar 2019 05:02 JST

先日ようやく妻と1月に生まれた次女がジャカルタに帰ってきました。妊娠から出産に関連して昨年6月頃から色々とあったけど、残すは二人のKITAS発行のみということでようやく少し落ち着けそうな感じです。

次女の出産後1月の下旬から先日まで、僕自身は5歳の長女・3歳の長男といっしょにジャカルタで3人暮らしでした。家事はほとんどメイドさんがやってくれるし妻もリモートであれこれサポートしてくれていたのでワンオペというにはあまりにも生ぬるい環境でしたが、それでも幼児2人の育児生活は中々大変で世の中のお母さん達ってスゲーなと改めて思いました。

で、約1か月半の3人暮らし、大変とはいいながらもとても楽しく尊い時間でした。ジャカルタ赴任当初半年は単身赴任で、当時3歳と1歳になったばかりだった2人の相手をまったくできなかったことが残念だったし申し訳なく思っていたので、これで少しは挽回できたかなと思っています。

まぁ一方で次女の貴重な新生児期間を一緒に過ごせなかったことをまた残念に思っているわけですが…。

三児の父

posted by jun-g at Tue, 22 Jan 2019 02:41 JST

1月11日夕方、3人目の子供となる次女が無事に誕生しました。

体重が2366gしかなかったけど、必要な週数は妻のお腹の中で育ったので、妻の退院と同時に次女も家に帰ってきた。

うちは子供全員が計画・無痛分娩(実際無痛じゃないのでこの表現は妥当ではないが)で、次女も1月17日に出産を予定していて、僕も出産に合わせて1月12日に帰国する予定にしていたけど、1月10日の時点で妻からもう生まれそうという連絡をもらい、計画分娩の都合的にも来週まで我慢するのか明日1月11日に産むかの判断が必要になり、来週まで我慢できず生まれてしまった場合のリスクを考えて1月11日に産むことにし、自分の帰国を1日早め、何とか無事に次女が生まれた。という自分向けのメモ。

妻と次女はしばらく日本に残り、僕と長女と長男は来週からジャカルタに戻って普段の生活に戻ります。妻も僕もワンオペ育児になるのが今年最初のチャレンジ。

あ、ラップトップは修理に出しました。次の課題はどうやって修理が済んだラップトップをジャカルタに持ってくるか、です。辛い。

Page 0 of 5  >>