daemonfreaks.com

FreeBSD 10.1-RELEASEへのバージョンアップ、及びGNOME3の導入で遭遇した問題まとめ

posted by jun-g at Tue, 25 Nov 2014 11:09 JST

10.1RへのバージョンアップとGNOME3の導入を立て続けに行ったところ、色々問題に遭遇したのでメモ。

Firefoxでウィンドウ内が更新されなくなる不具合

gtk20のportに不具合があったようでウィンドウ内が更新されない(描画されない)不具合。

これはすぐに バグ報告 が出て即座に修正されたのであまり影響がなかったです。

freebsd-updateで10.1Rに更新したらlib32が消失する不具合

これ、wineが動かなくて原因もわからずめちゃハマりました。wineを実行すると:

ELF interpreter /libexec/ld-elf.so.1 not found

とメッセージが表示されるけど、/libexec/ld-elf.so.1は存在する。

これに気付いたのは、virtualboxをportmasterで更新した時に「/lib32が無いよ」というエラーが出たから。でバグ報告を探すと ドンピシャなバグ報告 が見つかりました。

まだ修正されてないようなので、FTPサイトからlib32のアーカイブだけ落としてきて自分でファイルコピーしたらvirtualboxの更新も出来ました。で、アーカイブを展開した時にlibexec/ld-elf32.so.1というファイルも含まれていたので、これでwineも治るんじゃ?と思ったら予想どおり治りました。

uaudioなデバイスが使えない

これ、まだ解決してません。バグ報告は ある ので何か情報が出るのを気長に待ちます。

その他の問題

  • GNOME3環境下だけrhythmboxが起動しない
  • deskutils/gnome-shell-extra-extensionでインストールしたgnome-shellの拡張が何一つ使えない
  • nautilusでファイルを選択してDELETEキーを押してもファイルが削除できない

などなど。ボチボチ調べて直していきます。

追記(2014/11/25 21:46)

rhythmboxが起動しない件、mtp絡みのエラーメッセージが出てたのでlibmtpを外してビルドし直したら起動するようになりました!

VFAT上にある日本語ファイル名の文字化け解消

posted by jun-g at Sun, 05 Jan 2014 22:15 JST

昨日からの続き。

前置き?

これまでデスクトップ環境は10年ぐらいずっと GNOME2 を使用していました。先日ports treeに MATE が登録されたので、調度良い機会だと思って移行することにしました。

しかし、普段良く使っているアプリをインストールするとGNOME関連のライブラリが大量に入ってしまうので、MATEを止めて結局GNOME2を使い続けることにしました。GNOME3が登録されたらまた移行を考えます。

本題

で、デスクトップ環境のインストールをひと通り終えて、USBメモリを接続した際に日本語ファイル名が文字化けして読めないという現象に遭遇。

うーん、この手の問題は久しぶりすぎて以前どうやって対処したのかはっきり覚えてません。

ググって見つけた方法を試してみた結果、gconf-editorを開いて下の設定を追加するだけで対応できました。

/images/blog/screenshot20140105.png

以前はカーネルにkiconvパッチ当てたりhaldの設定ファイルを追加したり色々やったような気がするんですが、随分簡単になりましたね。