daemonfreaks.com

仮面ライダー 平成ジェネレーションズFOREVER and ビルドNEW WORLD 仮面ライダークローズ

posted by jun-g at Tue, 29 Jan 2019 00:25 JST

さて、すでにジャカルタに戻ってきていますが、戻る直前、無理言って自由時間をもらって、どうしても観たかった 平成ジェネレーションズFOREVER と、偶然にも限定上映初日だった 仮面ライダークローズ を観てきました。場所は109シネマズ大阪エキスポシティ。

仮面ライダークローズについて、ビルド本編はグリス関連のエピソードが熱くて大好きだったんですが、二つの世界を融合させて新世界を作った結果、戦兎と万丈の二人のことを誰も覚えてないという業を背負って生きていかないといけない、という結末が哀愁があって良かったのに、それを覆してしまうようなストーリーだったのでちょっと好みではなかったですが、万丈好きの方は気に入るような内容だったかと思いました。

平成ジェネレーションズFOREVERのほうは、ジオウおよび電王の設定である過去未来を行き来できることに加えて虚構と現実が入り混じるという複雑なストーリー展開で、でもメッセージとしては仮面ライダーのことを覚えててくれて(応援してくれて)ありがとう、という分かりやすいもので、とても良かったです。

仮面ライダーカブト以降、エグゼイドを除いて全部観ているのですが、この映画を観て平成が終わった後も引き続き仮面ライダーシリーズを観て、応援していこうと思いました。

うちの子供もそろそろ仮面ライダーを楽しめる年齢になってきたので、平成の次の元号ライダーからは一緒に楽しめそうです。

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

posted by jun-g at Wed, 11 Sep 2013 01:05 JST

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。| アニメ公式サイト

どーしても劇場で観たくて、独りでレイトショーで観てきました。

うーん、色々ズルい作品でしたw

三十路を折り返したおっさんが深夜の劇場で嗚咽混じりに泣く訳にもいかないので、ひたすら泣くのをガマンし続けた2時間でした。

あの花ってなんでこんなに心に刺さるんでしょうね? すごいなー。

とにかくゆきあつさんはカッケーっす…。

とりあえず、ガマンし続けたせいで目がとても痛い。

009 RE:CYBORG

posted by jun-g at Fri, 23 Nov 2012 21:05 JST

今日は神山監督の新作 009 RE:CYBORG を観てきました。3D版。

感想。はい、正直微妙でした…。

攻殻SSSを観た時に「神山監督って2時間程度に収まる作品を作るより、TVシリーズみたいに短時間のエピソードを束ねて長時間でストーリーを構築する方が向いてるんじゃ?」という印象を持っていたのですが、今日、その印象は確信に変わってしまいました。

あまりうまく表現できないですが、ストーリーとキャラクターの感情の起伏がスムーズに展開していかないと、どうも不自然に感じてしまって楽しめないのです。一旦そう感じてしまうと、ストーリー上、盛り上がるシーンになっても逆に引いてしまってますます楽しめなくなるという。

そういう意味では、先週観たエヴァQも同じ印象でした。カヲル君が変だ変だ言ってるのに無視して槍を抜きに行くシンジに超違和感。常識的に考えてああいう状況でそんな態度取られたら少しは躊躇しそうなもんですが。(こっちは色んなサイトで既にネタバレ書いてあるので躊躇せず書く。)

ということで、珍しく先週から3作品も連続して映画を観てしまいましたが、素直に「面白かった!」と言える作品が無くて残念でした。

最近観た映画で面白かったのは…ハワイ行きの飛行機の中で観た アヴェンジャーズ ですかね。チャラいですけど、ストーリー展開もスムーズで無理なくスイスイ入ってくるし、エンタメとして文句無しで楽しめました。

ヱヴァQとゴティックメード

posted by jun-g at Sun, 18 Nov 2012 21:32 JST

昨日・今日と連続で、ヱヴァQとゴティックメードを観てきました。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

GothicMade -花の詩女-

ヱヴァQの方は、前日に破のTV放送があったしBDも持っているにもかかわらず復習無しに観に行って、「前作ってどんな終わり方したんやったっけ?」と思いつつも旧TV版のおぼろげな記憶があれば大丈夫かなぁと思っていましたが、想像の斜め上を行く展開でそんなもんはこれっぽっちも意味が無かったです。

で、最終的には何かきょとんとさせられた状態で終了。BDが発売されたら購入してまた観返したいと思います。

ゴティックメードは…ストーリー的にはオーソドックスな感じで、キャラの演技が良いなぁとは思いつつこれといった引っ掛かりもなく話が最後まで進んでしまい、結局気になった点はすべてFSSと繋がりがありそうな部分だけでした。FSS好きな人にはおすすめですが、知らない人には特に…という感じ。

とりあえずFSS読み返したくなったので、全巻買い直そうかな。

攻殻機動隊S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D

posted by jun-g at Sun, 03 Apr 2011 13:39 JST

映画『攻殻機動隊(Ghost in the Shell) S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』公式サイト

梅田ブルク7でレイトショーで観てきた。オープニングと電脳から見える映像の3D表現にシビれた。かっこよかったなぁ〜。コンピュータ内部を抽象的に表現するようなSF作品はやはり3Dと相性が良いと感じた。

そういや最近は郊外型巨大シネコンにばかり行ってたのでブルク7みたいな繁華街にある映画館は久しぶり。個人的には郊外型の映画館でレイトショーで観る方が客数が少なくてゆっくり観られるので好きかな。

Page 0 of 2  >>