daemonfreaks.com

PyBlosxomのプラグイン

posted by jun-g at Mon, 23 Sep 2013 22:28 JST

バージョン1.5から標準でプラグインが同梱されるようになったので、同梱されてるものはなるべくそれを使うように設定を変更しました。

ついでに自作のプラグインはコードを整理してちょっとづつbitbucketに登録していってます。

daemonfreaks / pyblosxom-plugins

自分のブログをちょこちょこカスタマイズするのは箱庭的な趣があって、何年経っても楽しいものですね。

PyBlosxom-1.5-rc2に入れ替え

posted by jun-g at Sun, 17 Oct 2010 17:01 JST

8月頃にrc2がリリースされていた事に今頃気付いたので、入れ替えてみた。何が変わったのかは追っかけてない。

ついでにflavourを少しいじって最近ようやく流行ってきたfacebookの「いいね!」ボタンを付けてみた。最近どのサイト見てもこのボタンついてるなー。

参考: このサイトにフェイスブックの「いいね!」ボタンを追加しました - aquapple

PyBlosxom-1.5-rc1に入れ替え

posted by jun-g at Wed, 09 Jun 2010 22:00 JST

ずーっと前から連日コメントスパムの攻撃に合ったりentrycacheが動かなくなったりしながらもごまかして使ってたけど、今年の初めに1.5-rc1がリリースされてから手元でダラダラ動作確認してたのがようやく完了したので入れ替えた。

デザイン変えたり新しいプラグイン入れたり自作プラグインを書き直したりまだ色々したいけど、それはまた今度。

…今気づいたけど、タグで絞って表示してる時にrecent entriesが表示できてないな…。

wbgpagerを使うようにした

posted by jun-g at Sun, 06 Jul 2008 03:24 JST

前からこのブログにページャが付いていない事が気になっていたので、今更ながらページャのプラグインを使うようにした。追加したプラグインはwbgpager

最初、エラーも出ないのにページャが全然表示されず、ちょっとハマった。使用しているPyBlosxomのバージョンが古いせいかな、と思い、一つ前のバージョン(2007-11-30)のwbgpagerを使ってみると、ようやく動くようになった。

最近ブログを放置しすぎている気がするので、久々に色々手入れしようかな。

Google App EngineでPyBlosxomを動かす

posted by jun-g at Sun, 11 May 2008 06:20 JST

遅まきながら、Google App EngineのSDKで遊んでいます。入門記事を読みながらHello worldをこなし、次にPyBlosxomを動かしてみる事にしました。

まずはアプリケーションを配置するディレクトリを作成。

$ mkdir -p ~/gae/pb

次にPyBlosxomをダウンロードして展開し、先ほど作ったディレクトリの下に配置。

$ cd /tmp
$ fetch http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/pyblosxom/pyblosxom-1.4.3.tar.gz
$ tar zxvf pyblosxom-1.4.3.tar.gz
$ cp -R pyblosxom-1.4.3/Pyblosxom ~/gae/pb/.

データ用のディレクトリを作る。

$ mkdir -p ~/gae/pb/data/entries

config.pyを環境に合わせて書き換える。

$ cp /tmp/pyblosxom-1.4.3/web/config.py ~/gae/pb/.
$ vim config.py

datadirは"data/entries"と相対パスで指定。他はお好みで適当に。

次に~/gae/pbの直下にメインとなるモジュールpb.pyを作成。

import wsgiref.handlers

import Pyblosxom.pyblosxom
from google.appengine.ext import webapp

def main():
    application = Pyblosxom.pyblosxom.PyBlosxomWSGIApp()
    wsgiref.handlers.CGIHandler().run(application)

if __name__ == '__main__':
    main()

同じく~/gae/pbの直下にapp.yamlを作成。

application: hello

version: 1

runtime: python

api_version: 1

handlers:

- url: /.*
  script: pb.py

これで準備完了。~/gae/pb/data/entriesの下に適当に書いたエントリのファイルを置いて起動。

$ dev_appserver.py ~/gae/pb  
INFO     2008-05-11 05:55:30,453 appcfg.py] Checking for updates to the SDK.
WARNING  2008-05-11 05:55:30,949 datastore_file_stub.py] Could not read datastore data from /tmp/dev_appserver.datastore
WARNING  2008-05-11 05:55:30,949 datastore_file_stub.py] Could not read datastore data from /tmp/dev_appserver.datastore.history
INFO     2008-05-11 05:55:30,954 dev_appserver_main.py] Running application hello on port 8080: http://localhost:8080

よし、ブラウザからアクセス!するとエラーが出る…。

...snip...
 /home/jun-g/gae/pb/Pyblosxom/tools.py in ()
 1282     __overlapped = pywintypes.OVERLAPPED()
 1283 elif os.name == 'posix':
 1284     import fcntl
 1285     LOCK_EX = fcntl.LOCK_EX
 1286     LOCK_SH = fcntl.LOCK_SH
fcntl undefined

: No module named fcntl
      args = ('No module named fcntl',)
      message = 'No module named fcntl'

fcntlというモジュールが使えないみたいなので、tools.pyを適当に書き換えてfcntlを使わないようにしてみる。

$ diff -u tools.py.orig tools.py
--- tools.py.orig	2008-05-11 05:59:14.000000000 +0900
+++ tools.py	2008-05-11 06:00:06.000000000 +0900
@@ -1281,10 +1281,9 @@
     # is there any reason not to reuse the following structure?
     __overlapped = pywintypes.OVERLAPPED()
 elif os.name == 'posix':
-    import fcntl
-    LOCK_EX = fcntl.LOCK_EX
-    LOCK_SH = fcntl.LOCK_SH
-    LOCK_NB = fcntl.LOCK_NB
+    LOCK_EX = None
+    LOCK_SH = None
+    LOCK_NB = None
 else:
     raise RuntimeError("PortaLocker only defined for nt and posix platforms")
 
@@ -1299,10 +1298,10 @@
 
 elif os.name =='posix':
     def lock(f, flags):
-        fcntl.flock(f.fileno(), flags)
+        pass
 
     def unlock(f):
-        fcntl.flock(f.fileno(), fcntl.LOCK_UN)
+        pass
 
 # END portalocking block from Python Cookbook.
 # %<-------------------------

でもってブラウザからアクセスすると、

PyBlosxom on Google App Engine SDK

動いた!という事で、今日はここまで。

Page 0 of 5  >>