daemonfreaks.com

梅py Python自習室

posted by jun-g at Sat, 08 May 2010 20:55 JST

参加してきた。ひたすら自習、というか溜まったTODOにちょっとずつ手をつける作業をした。flickrapiとかpyblosxom-1.5とかlibdrizzleとか。

久々に集中して作業できたので良かった。

梅.py Code Camp #1 in Kyoto

posted by jun-g at Sat, 03 Oct 2009 21:34 JST

10/23に梅.py Code Camp #1 in Kyotoが開催されます。お泊まり会同様に皆で集まって一晩どっぷり好きな事しようぜ、なイベントです。興味のある方は奮ってご参加下さい。

開催日時
2009/10/23(金) 15:00 ~ 24(土)11:00
場所
ヴィラージュ京都 (京都府京都市中京区壬生坊城町5)
定員
12人
参加方法
ATNDの「梅.py Code Camp #1 in Kyoto」からお申し込みください

ちと日程の都合が合わない為、残念ながら僕は参加出来ません…。手伝いも何もできなくて申し訳ないです…。

第1回 Python関西お泊まり会を開催しました

posted by jun-g at Sun, 08 Feb 2009 12:52 JST

2/6~7の1泊2日で、第1回 Python関西お泊まり会を開催しました。

場所は京都・大宮のヴィラージュ京都というホテルを利用しました。会議室等はありませんが、予約していた6人部屋2つのうち、片側の部屋が十分な広さだったので、参加者10名が1部屋に集まって作業する事ができました。もう片側の部屋は就寝部屋(通称・野戦病院)として利用しました。

第1回 Pythonお泊まり会
第1回 Pythonお泊まり会 posted by (C)jun-g

参加者は以下の10名(参加申込順)でした。

以下、個人的な感想など。

  • ホテルが新しくて綺麗で良かった。梅田から1時間程度、と交通の便も良い。また利用したい。
  • 皆さんが電源タップと有線LANのハブと無線ルータとLANケーブルを大量に持ち込んでくれたので、ネットワーク環境も非常(無駄?)に充実したものとなった。
  • 皆さんの集中力がすごかった。終始黙々と作業。つられてすごい集中できた。
  • whosaysniがすごい勢いでelapheを作っていた。本当にすごい勢いだった。
  • 僕は終始TwitterBotのtv_prog_kansaiの機能追加をしてた。かろうじてお泊まり会中に完成できたので良かった。導入したら内容についてのエントリ書く。
  • Mercurial本の持参率が高かった。

一応幹事だったので簡単に会計報告しておくと、

宿泊費
1泊2日(朝食付き)6人部屋x2 合計40,000円
夕食代
近所の串カツ居酒屋 合計25,000円
おやつ・飲み物代
合計2,500円

で、1人あたり約7,000円弱でした。

とても充実した2日間で非常に楽しかったです。ご参加頂いた皆様、ブログやTwitter等で宣伝して頂いた皆様、ありがとうございました。

次は温泉地あたりでやりたいですねー。

第5回 梅田Pythonごはんの新年会 参加者募集のお知らせ

posted by jun-g at Wed, 31 Dec 2008 10:14 JST

大晦日ですが、告知です。1月にまたごはん会を開催します。

第5回 梅田 Python ごはんの新年会 (梅.py : 梅田 Python ごはんの会)

開催日時
2009/01/20 (火) 19:00~
場所
もつ鍋 廬山
予算
もつ鍋コース 2,500円 + 飲み代(合計4,000円ぐらい?)
参加方法
ごはん会のページからお申し込み下さい。

今回はもつ鍋です。白みそのダシがかなり美味いと聞いているので今から楽しみです。

いつもPythonの話を殆どしないただの飲み会と化してますので、皆様お気軽にご参加下さい。

第1回 Python関西勉強会(おやつ会)終了!

posted by jun-g at Sat, 27 Dec 2008 15:28 JST

というわけで、色々至らない点がありましたが、なんとか終了しました。幹事のdai_yamashitaさん、トーカー及びお手伝い頂いた皆様、お疲れ様でした。ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。

ごはん会同様のんびりまったりとした内容になるかなと予想していたのですが、意外にカッチリした内容の勉強会になったなぁ、と思いました。次はもうちょっとまったりしてもいいかもね。

以下、何気に気になった2点。

  • 新原さんのDjangoPHPのデモで、Django側のコードに
    import PHPSerializer
    みたいなのが書いてあって、中身がどんなんかちょっと気になりました。
  • 増田さんの発表のデモ中に出てきた「49から始まる商品のコード」っていうのはJANコードの事でした。後で思い出しました…すみません。

Python関西の今後の予定は、1月ごはん会、2月お泊まり会、3月2回目の勉強会(未定)となっています。皆様是非お気軽にご参加くださいませ。

Page 0 of 2  >>