daemonfreaks.com

ハイパーバイザ型仮想化ソフト事始め その2

posted by jun-g at Sun, 24 Apr 2011 16:00 JST

前回の続き 。とりあえずインストールして簡単に触ってみたところまで。

Citrix XenServer

  1. インストールは簡単。
  2. 接続したHDDをインストール時に全て選択しておけば、LVMの論理ボリュームとなり1つのHDDとして見える。便利。
  3. XenCenterというWindowsで動作する管理ソフトが必須という事実を知って驚愕した。 悪あがきとして OpenXenManager というソフトを見つけてきて試してみたが、メモリの設定がうまく出来なかったので断念してWinXPの入ったノートPCにXenCenterをインストールした。
  4. VMの設定は超簡単。

VMware vSphere Hypervisor

  1. インストール途中でエラーになってインストールに難儀した。ググって見つけたページ ProLiant ML110 G6 と VMware ESXi 4.1 によると、インストーラーがML110 G6のDVDドライブを認識しないとの事だったので、USBでCDドライブを接続してそちらからインストールすることで事無きを得た。
  2. こちらもWindowsで動作する管理ソフトが必須。無念。
  3. HDDは個別の管理。単一の大きなボリュームとして扱うにはハードウェアRAIDを組むしか無さそう。
  4. VMの設定は簡単だが、VMから起動するゲストOSからも内蔵DVDドライブが見えないようなのでCDからのインストールはとても面倒。

Microsoft Hyper-V Server 2008 R2

  1. インストールイメージの容量がやたらデカイのでちょいビビりながらDVDに焼いて起動してみると、まさかのWindowsのインストールが始まった。容量がデカイ原因はこれかー!
  2. Windowsが入るんならもしかしてクライアントソフトがいらないんじゃ? 1台で完結できるのならHyper-Vが最強じゃ? と思って一瞬だけニヤニヤしたが、インストール後に起動してみるとそれらしいメニューは見付けられず、よくよく調べてみるとやはり管理ソフト必須、しかもVista以降のみ対応だった。
  3. XPしか持ってないので評価もできず断念。悲しー。

ということで、上記3つを試して(厳密には2つしか試せてない)みたところ、XenServerがとても使いやすそうに感じたので、OSはひとまずXenServerを使うことにした。

次に、

  • HDD容量はVM用に沢山置いときたいのでホストOSはUSBメモリにインストールしたい
  • LVMは手軽だけど冗長化したいのでRAID組んどきたい

と、試してみたいことが出てきたので、XenServerでこの2点を試してみることにした。

つづく。

Comments / TrackBacks

TrackBack URL for this entry: http://www.daemonfreaks.com/blog/trackback/201104241520








コメントスパム対策の為、各入力項目へのURL記載は全てリジェクトしてます。ごめんなさい。