daemonfreaks.com

Djangoのテンプレートでsettings.pyのMEDIA_URLを参照

posted by jun-g at Tue, 25 Sep 2007 01:36 JST

そういえば静的なコンテンツを一切扱ってなかったなと思い、まず、ドキュメントのmod_python で Django を動かす - メディアファイルの提供を参考にしてApacheの設定を変更。元々/django/以下をdjangoで動くように設定していたので、

<Location "/django/media/">
    SetHandler None
</Location>

とした。後はdjango/media/以下にアプリケーション毎にディレクトリを掘って、その中にメディアファイルを入れればOK。

しかし、テンプレート内の画像タグなんかでURLを全部絶対パスで書いちゃうと可搬性が下がるという問題に気付いた。で、settings.pyにMEDIA_URLっていう設定があった事を思い出したので、それをテンプレートから参照する方法を調べてみたところ、やっぱり同じ事考えている人はいた。

テンプレート上でのMEDIA_URL呼び出しについて その2 | pythonでつくるskyfish開発ブログ

上記ページのeveresさんのコメントを参考にsettings.pyに、

from django.conf import global_settings
TEMPLATE_CONTEXT_PROCESSORS = \
    global_settings.TEMPLATE_CONTEXT_PROCESSORS + (
    'myproject.context_processors.media',
    )

を追加。で、Djangoプロジェクト直下にcontext_processors.pyを作成し、その中に、

from django.conf import settings
def media(request):
    return {'MEDIA_URL': settings.MEDIA_URL}

と書いた。generic viewsを使っているので、以上でテンプレート内で{{ MEDIA_URL }}と書けるようになった。自前のviewsを使用している場合はcontextにRequestContextを指定しないといけないようなので、忘れないようにしよう。

そういえばドキュメントのコンテキストのサブクラス: RequestContextで、TEMPLATE_CONTEXT_PROCESSORSの値のデフォルトは

("django.core.context_processors.auth",
"django.core.context_processors.debug",
"django.core.context_processors.i18n",
"django.core.context_processors.media")

になっている、と書かれているけど、自分の環境ではdjango.core.context_processors.mediaという値は含まれていなかったし、実際django/core/context_processors.pyの中にはmediaという関数は存在しなかった。バージョンが違うからかな…?

Comments / TrackBacks

TrackBack URL for this entry: http://www.daemonfreaks.com/blog/trackback/200709250101








コメントスパム対策の為、各入力項目へのURL記載は全てリジェクトしてます。ごめんなさい。